le3.bmp le2.bmp

レガシー bc・bf型

初代レガシーBC・BF型
(1989年2月-1993年10月)

300px-Legacy_I.jpg

1989年1月23日 富士重工業はアッパーミドルクラスの乗用車
レガシー・シリーズをリリース。
翌2月1日から発売する。

レガシーは実質的にはレオーネのフルモデルチェンジ。

レオーネは1971年の登場以降。
海外輸出を通じてスバルのブランドの世界的な認知度と
企業規模の拡大に非常に大きな成功をもたらす。

が、好調なアメリカ輸出に過度に依存したことによる組織の硬直化が
1985年「プラザ合意」以降の急激な円高に対する
柔軟な対応を困難にしたとの指摘もあり
富士重工業は1980年代末
新聞等で公然と倒産の危機が報道されるほどの
厳しい局面を迎えていた。

こうした中で開発が進められたのが初代レガシー

300px-Subaru_legacy_rs-ra_02.jpg

2代目レガシー bd・bg型

2代目レガシー BD・BG型
(1993年10月-1998年6月)

1993年10月7日 富士重工業レガシー・シリーズをフルモデルチェンジ。

初代BC/BF型レガシーは「ツーリングワゴン」が富士重工業創立以来
国内における未曾有の大ヒットを記録。
海外輸出も好調に推移。
1980年代後半から続いている同企業存亡の危機についても
好転へのきっかけとなった。

日本の自動車専門誌の草分けであり
国産車への辛らつな評価で有名だった
「CAR GRAPHIC」誌(1994年10月号)が
当時の国内外の2.0ℓクラス・4ドアセダン13台を集めて行った
「ジャイアント・テスト」で
・動力性能
・燃費
・乗り心地
・操縦安定性
・パッケージング

等の5項目の総合評価で
ラインナップの中では中堅グレードの
レガシー4ドアセダンTStypeR(FF・4AT)に
13台中唯一、5つ星の高い評価を与えている。
⇒BD/BG型レガシィの完成度が高いということ!

300px-2nd-Subaru-Legacy.jpg
le1.bmp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。